ステンレス・鉄(SPCC等)・アルミを素材とした産業機械・食品加工機・鉄道車輛等の筐体フレームや精密製缶・部品の板金・溶接加工を東京・群馬の両工場で手掛けております。

当社は昭和28年に板金加工業として設立、以来60年にわたり板金加工業界 の発展とともに歩んでまいりました。
中核となる技術は素材シートよりの板金部品製作からその溶接組立までの一貫作業であり、手のひらサイズから天井クレーンを駆使して作り上げる大型フレームまで、ステンレス・鉄(SPCC等)・アルミを素材とした産業機械・食品機械・厨房機器・鉄道車輌等のフレーム・カバーなどの各種板金部品製造を行っています。

特に、アルミ・ステンレスの薄板溶接にはJIS検定所持者を多数擁しており、当社の非常に自信を持つ分野となっております。 またマシニングセンター、旋盤等の設備も持ち、板金部品に付随する機械加工も自社対応可能であり、ステンレス研磨も社内加工出来ますので近年の板金業界の重要課題である、短納期・少ロットの機動性にはご満足いただけると確信しております。






facebookページへ

ぐんまの1社1技術

当社の仮設展示場用パーテーションは、平成13年度の選定企業に選ばれました。 ものづくり立県 ぐんまの1社1技術へ



株式会社 豊 栄

本社

〒143-0024東京都大田区中央8-13-11
TEL 03-3752-5144
FAX 03-3754-1926
E-mail tokyo@forei.co.jp

群馬工場

〒379-0115群馬県安中市中宿1122-2
TEL 027-382-6666(代表)
FAX 027-381-0047
E-mail gunma@muc.biglobe.ne.jp

豊栄の特徴とは

加工サイズは、手のひらサイズから天井クレーンを駆使して作り上げる精密製缶や大型フレームなど

当社特長のひとつは加工品寸法の幅広さです。手の上にのせられる様な大きさの電子基板収納ケースから長さ5mを超える産業プラント用の大型フレームまで手掛けております。


日本溶接協会および軽金属溶接協会の資格認証所有者を多数擁しております

ステンレスやアルミの溶接加工を得意としております。ステンレスは産業機器・食品加工機を長年溶接加工してまいりました。アルミ溶接においては50年近くの量産実績があります。

ステンレスのバフ研磨仕上げ

多品種小ロット品加工が得意です

量産加工品も扱っていますが、多品種単品加工は豊栄の腕の見せ所。ご遠慮なくご相談ください。


近年はステンレスのバフ研磨仕上げも含む加工に注力中。

溶接技術については、日本溶接協会および軽金属溶接協会の資格認証所有者を多数擁しており、技術の維持向上をはかっております。

その他>>



製造品目

加工素材は、ステンレス(SUS304、SUS430、SUS316)・鉄(SPCC、SPHC、SS)・アルミ(5000番~7000番)が中心です。

加工サイズは大型角パイプを使用する産業用フレームからバフ鏡面仕上げを施す手のひらサイズまで手がけています。

オリジナル製品

絵画展示用アルミパーテーションは、のべ2千枚の量産実績があります。

付随するスポットライトや周辺装飾品の製作も手掛けております。